• トップ /
  • マンションをリフォームする

LINEで送る

マンションの売却に影響?

マンション

マンションをリフォーム・リノベーションする時には、将来のことも良く考えて工事をしましょう。住宅ローンを借りている人なら、住宅ローンで追加融資を受けるための審査に通れば、リフォーム費用を借りられます。金利がやや高いことが注意点ですが、リフォームローンなら無担保・無保証で手軽に借りられるので、100万円くらいの融資を受けるならばこちらのほうがメリットがあるかもしれません。マンションを工事する時の注意点として、売却に影響してしまうということがあげられます。例えば、トレーニングルームをつけたり、間取りを大きく変更したりして、工事費用が500万円かかったとします。数年後に、マンションを売却しようと考えた時に、リフォーム費用の500万円を単純に上乗せすることは難しいです。なぜなら、購入希望者が、トレーニングルームや間取りの変更工事に500万円の価値があると感じてくれるケースは稀だからです。マンションを数年後に売却しようとしている場合には、下手なリフォームをしてしまうとかえって売れなくなってしまうという注意点について知っておきましょう。なるべくクリーニングだけにしておいて、あとの工事は購入希望者にまかせるという方法をとるのが良いでしょう。

 

↑PAGE TOP